マイボールでボウリングのハイスコアを目指せ!

ボウリングのプレイをする際に、欠かせないアイテムはボールです。
マイボールを作ってしまうほど、ボールに拘る人もいます。では、ボールの種類について紹介していきます。

ボウリングボールの種類や重さなど

ボールの直径は21.8㎝、これは女性でも男性でもサイズは変わりません。
ただし、ボールの重さは選べるようになっています。
規定の重さは4ポンドから16ポンドとなっています。重さをポンドで表記されると、私たち日本人にはピンとこないかもしれません。
4ポンドなら1.81㎏、16ポンドなら7.25gとなります。

それぞれボールの重さにより、特徴があり、重いボールでプレイをすれば、ピンを弾きやすいですが、回転数が減ってしまいます。
そのため、重いボールを使えば上手にプレイできるというわけではありません。
ボール選びのポイントは、自分の身体や技術に合ったものを選ぶといいでしょう。
初心者の場合は、数種類の重さのボールを試してみて、一番やりやすいと感じたものを選んで下さい。

ボールの重さに関しては、ボウリング場で用意されている場合は、4ポンド、5ポンドとポンド刻みです。
ですが、マイボールを作る場合には、ポンドではなく、オンスで微調整を加えながら、自分に身体にしっくりするものを作る事が可能です。

マイボウリングボールでハイスコアをたたき出す

ボウリングが好きで、マイボールを作りたいという人もいるでしょう。

では、その際に価格はいくらぐらい?と思うかもしれませんが、価格帯は商品によって大きく異なります。
まず、ハイパフォーマンスと呼ばれる高級ボールと、そして低価格のリアクティブのボール。

そして初心者の場合は、練習用にウレタンやポリエステルボールを使用するからです。
スペアボールも、ウレタンやポリエステルを素材としたボールが多いでしょう。

ただ、ハイパフォーマンスボールなら、ハイスコアを出す事ができると期待するかもしれません。
確かに中級~上級者が使うボールで、技術がある人にとっては、使いやすいボールです。

ですが、耐久性という点においては、1番劣化が激しいボールだとも言えます。
使用して1~2ヶ月もすると、ボールの性能は落ちてしまいます。
つまり、上手い人ほど、マイボールの買い替え頻度は高いと言えます。

ボールは無理せず、自分の身体に合ったもの、そして技術に合ったものを選んで下さい。