ボウリング初心者でも上手になれる上達のコツ

ボウリングは初心者でも気軽に楽しめるスポーツだと言っても、やはりずっと上達せずにスコアが上がらなければ面白くありませんよね。そこで初心者でも上手になれる上達のコツを紹介します。

初心者でも可能な正しいボウリングの投げ方

ボウリングを上達させるためには、正しいボールの投げ方が重要です。
私たちは、正しいボールの投げ方を意識せずに、なんとなく見よう見まねで投げていますよね。

助走をしながら、ボールを後ろに引き、反動を利用して前に投げます。
助走の距離は3~5歩と短い距離ですが、この距離でボールに勢いをつけなければいけません。

最後のラインの前でもたついて勢いが落ちてしまうという事がないように、歩幅を揃えるイメージで助走して下さい。
ボールを持っている方の手だけ意識してしまいがちですが、ボールを、持たない方の手で上半身のバランスを取ります。
そして重心は、下半身に置くように心がけましょう。

目線だけでなく、投げたい方向へ肩のラインを向ける事で、狙い通りの方向へ投げる事ができます。

ボウリングボールを思い通りにコントロールする

そしてボウリングでは、ボールをコントロールする事が重要です。
もちろん、倒したいピンを狙ってボールを投げると思いますが、なかなか狙い通りの場所にボールは投げられません。
そしてコントロールはどうすれば身につくのかというと、同じコースを狙って何度も練習をする事です。

同じ助走で同じ位置から、投げていても、コントロールが定まらない場合は、リリースに問題があります。
リリースとは、ボールから手を離す事ですが、ボールがくるぶしの横にきたら、親指を抜いてリリースします。
このタイミングによって、方向は大きく差が出るというわけです。
そのため、どのタイミングでリリースしたら、どの方向へ向かうのか、何度も練習して身体で覚えましょう。

初心者でもプレイを楽しむ事ができますが、練習したら練習しただけ上達するのも、このスポーツの魅力だと言えるでしょう。
初心者でも楽しめて、上達すればするほど、また楽しむ事ができるのです。

正しい投げ方とボールをコントロールする事から覚えて下さい。文字で説明されてもイメージがわかないという場合は、動画を利用しましょう。最近は上達のコツとして分かりやすく投げ方の動画がアップされています。